当社の「こだわり」は、木の伐採から製材・加工の、そして「一貫加工」と、

自社加工した材木で建築までの 「一貫施工」 する上で、重要としている最大のこだわり

『地震に強い家づくり』

 

最初に一般的な構法は・・・

 

一般的な構法は、はじめに通しの架構です。

柱通しの架構は、柱を2階小屋梁まで通して、2階床梁を柱に差し込んで加工を組み立てます。

 

この架構の接合部は、柱に梁を差し込む部分に集中するので、この接合部分が最も重要な要素となります。

 

管柱を併用しない場合には、耐力のすべてがこの接合部耐力によって決まってきます。

 

架構の構造的な特徴は3点です。

 ➊ 鉛直荷重時には、柱に梁を差す接合部の耐力が

   梁の耐力を決定する

 ❷ 管柱を併用しない場合には、梁は単純梁の組合

   わせになるので、変形量が大きい

 ❸ 水平荷重時には、通し柱の接合部に曲げとせん

   断力が働く

 

最近の柱梁の接合方法は、金物を使う方法が開発され、金物が外から見えない工夫もされています。

 

住宅をつくるここと、木材の生産とを連動しやすくするための加工方法と言えます。

 

地震のタテ・ヨコの振動、特にタテの揺れには弱く

                          、接合部が単純な組合わせの場合は崩壊しやすく、

                          特に2階建ては、1階部分が崩れ2階部分が落ちて

                          しまうことがあります。

 



当社では、

地震に強い「渡り腮(あご)構法」を2012年から

導入しております。


当社で扱う架構方法は、2階床面の梁組と2階小屋組の梁組とを管柱で結ぶ方法です。

 

1階床組➝1階管柱➝2階床組➝2階管柱➝2階小屋組の順に積み上げていく方法。

 

 

『渡り腮構法柱を通さず、梁を通す『梁通し』架橋方法の一つで、

 ➊ 柱に曲げ応力が動かない(外周柱に風荷重                     

   が作用する場合には曲げが動く)                  

 ❷ 梁の接合部耐力が大きい

 ❸ 梁は常に連続梁になる

 ❹ 各水平構面の水平剛性が低い

 

 

構造的に厄介な性質を持つ木のバラつきを、架構の中で解消ができ、各接合部のかたちが単純なので木の耐力をフルに使える、乾燥収縮の変形にも耐力を維持できるという利点を活用し、金物に頼らない軸組の構造を作り上げることが出来ます。

 

 

耐力があることから、振動を吸収し、崩壊しにくい

、地震に強く安心してもらえる家づくりが可能となります。



🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳

 

この構法を扱っているのは、一世一代の「最大の財産」と言われる「家」安心して健やかに暮らして頂きたいという想いからです。

 

是非、鹿児島初の「渡り腮構法」をご確認ください。


🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳🌳